二宮和也新ドラマ「MyFamily」スタートラインの演技が絶賛

(文/ナツメ)

春ドラマが次から次へとスタートしましたが、今日は第1話を見てよかったとお勧めします。

  《My Family》。

二宮和也主演、多部未華子、玉木宏、賀来賢人ら共演陣もパワフルで、いずれも主役格の俳優。

特に多部とは15年ぶりのコラボで、前回は相棒だった『貧乏貴公子』だったが、今回のキャラクター関係は直接夫婦にアップグレードされ、誰が爺青回を感嘆しようとしたのか!

このドラマはTBS系の日9劇場で、一般的にこの劇場は熱血のプロドラマで、今回は家族+サスペンスの題材で、初回12.6%の視聴率で、比較的中規中矩な数字で、現在の第1話の行方と口コミは悪くないが、poは後期の上昇をよく見ている。しかもUruが歌う主题歌も超うまい!

このドラマを紹介しましょう!

主人公の鳴沢温人はゲーム会社の社長(nino

  ),

外部から見れば、鳴沢温人事業は絶対に成功したと言える。

家族も幸せで、賢明な妻がいて未知に残っていて、かわいい娘の友果がいて、妥当な人生の勝者です。

しかし、実際にはすべてそうではありません。

会社が新しく発売したゲームの効果はよくなく、古いゲームがプレイヤーを失い続け、状況は非常に楽観的ではないため、融資も得られない。



鳴沢温人は仕事で天馬行空のアイデアしか提供していないため、他の現実的なことはすべて面倒で、他の人に押し付けられ、かつて一緒に起業したパートナーも不満を抱いていた。

会社の状況もあまりよくなく、倒産することもあり得ないことではありません。


家庭では、鳴沢温人はさらに不適任な夫、父で、自分で他の場所で家を借りて週末に家に帰るだけで、妻、娘との関係が遠くなり、彼女たちの生活にも関心がなく、

すでに「仮面の夫婦」だったが、妻と一緒に自撮りをしたり、ソーシャルメディアに投稿したりして、この小確幸を装っていた。

鳴沢温人はテレビ番組で教育について語り、自分の家族の幸せを語った。

娘は番組の父親を見て、冷笑した。






この日、未知留先から電話がかかってきて、友果が連絡が取れなくて、ずっと家に帰っていないと言って、心配して、警察に通報しようとしたが、温人は納得しなかった。




しばらくすると、温人はまた会社の状況が楽観的ではなく、気持ちが非常に悪いという情報を得た。


鳴沢温人は不本意に家に帰ったが、未知留は不審な電話を受けた。


温人もうんざりしてやめて、悪作劇だと思って、



温人の携帯電話に電話するまで、娘が誘拐されたことを知った。誘拐犯から5億円の身代金を要求された電話だった。。。







誘拐犯もやり方に従っているが、警察に通報してはいけない。。。しかし、このようなことは本当におとなしく言うことができない。温人は警察に連絡することを選んだ。未知の留は警察に通報したくないわけではない。




警察は直ちに出動し、捜査チームを組織し、葛城圭史警察官を鳴沢温の家に派遣した。

宏爺は本当にひどい!かっこいい!しまった!

葛城圭史は以前も拉致事件の捜査に関与していたが、当時の行動は失敗したようで、かつての失敗を背負って今日に至った。


鳴沢の家に警察が潜伏した後、基本情報の調査を始めたが、温人に娘に関する情報を聞かれても答えられず、気まずい思いをして未知留に目を向けるしかなかった。





誘拐犯が要求した5億円の身代金は、実は鳴沢一家にとっても出せない巨額で、しかも会社の現状が楽観的ではなく、難関を乗り越えようと株を売るしかないので、とてもイライラしています




未知留も黙って娘の部屋に行って、娘の好きな服にアイロンをかけて、ひそかに我慢するしかありません。

温人も妻に関心を持ちたいが、一歩も踏み出せず、長い間疎遠になっていた。

次の日になると、今日は誘拐犯に身代金を渡します。温人は朝早くから各銀行にお金を取りに行きましたが、今は2億円しか持っていません。3億円も足りません。

大学時代の友人に助けを求めて、親友2人を家に呼んで借金をしようとしたが、理由はまだ公開されていない。

温人はこのシーンを見てとても不快で、彼らを追い払った。この4人は実は大学の时から友达でしたが、何か不愉快なことがあったことがあります。温人と二人は绝交して、彼らと付き合いを残すことをあまり望んでいません。



時間が一秒一秒過ぎて、誘拐犯が当初約束した時間になって、鳴沢温人は自分がそんなに多くのお金を調達できないことを告白して、誘拐犯は友果を殺すつもりだと脅して、


しかし、最終的には2時間で5億ドルを満たすことに同意した。


葛城圭史側は専用の偽札を探して対処することを提案し、

しかし、温人と未知留は偽札がばれ、娘が命を落とすのではないかと心配し、恐れていた。

温人は徐々に夫で父親としての責任感を取り戻し、最終的に自分の株式を売却することを決意し、3億円の現金を手に入れ、誘拐犯が要求した金額を満たしたのかもしれない。


誘拐犯から再び電話がかかってきて、指定された場所にお金を置くように要求されました。


二人は苦労して現金を2箱持って約束の場所に行きました。

着いた後、指定されたバッグに現金を入れるように要求され、警察が元の箱に埋めたGPSを避け、通信設備を全部なくした。

今は共通の危機に直面しているかもしれませんが、彼らを一気に協力させます。

誘拐犯の要求で次の場所に行きましたが、現金が重すぎて約束の時間になりそうで、遅刻すると娘が殺され、

そこで鳴沢温人は先に約束の場所に駆けつけ、誘拐犯の連絡を待っていた。p>

誘拐犯の電話がかかってきて、身代金を最後の場所に送る必要があると伝えました。場所は友果小学校1年生の時に遠足に行った場所で、温人に10秒以内に答えるように要求しました。



家族に関心のない温人は聞かれて倒れ、10秒で終わるのに答えられず、



幸いマイクとイヤホンを身につけていた葛城圭史は未知留から答えを聞き、温人に伝えた。

しかし答えを出した後、事件は意外な転換があった。誘拐犯は温人が娘がどこへ遠足に行ったのか全然知らないことを知っていたので、未知だけが答えを残した。





しかし未知留は今でも身代金を押して来る途中で、警察に通報したと推測し、取引を中止するように伝えた。。。




Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。