成田凌主演三木聡監督新編魅力人妻前田敦子


成田凌、前田敦子資料図

新浪娯楽ニュース日本のメディアによると、成田凌さんが「時効警察」「大怪獣の善後処理」などを演出した三木聡監督の新映画「コンビニ物語」が8月5日に公開され、成田凌さんが苦悩する若手脚本家を演じ、異世界で妖艶な人妻前田敦子に恋をする。p>

主人公の加藤は若い脚本家で、手元に映画があるにもかかわらず、インスピレーションがなくて苦しく、彼女の愛犬にペットフードを買いに出かけたところ、なぜか謎のコンビニに入り、そこで妖艶な既婚女性佳子に出会い、創作意欲が湧いてきた。成田凌と前田敦子は映画「日暮将暮」、ドラマ「逃亡医F」などで共演したことがある。

この作品は『日本時報』の映画評論家とプロデューサーのマーク・シリンが企画し、イタリアのウディネ極東映画祭の日本映画顧問であるマークは三木聡の人材を非常に鑑賞し、制作を依頼し、2人はすでにこの企画に5年間投入している。

成田凌は「いよいよ念願の三木組に入り、デビュー前から三木聡監督の作品に参加したいと思っていたので、この機会があって楽しかったです。台本を読んだばかりの頃からすごいなと思っていたので、不思議な世界に連れて行ってもらいたいので、ぜひ映画館で楽しんでください」と話しています。p>

前田敦子さんは「コンビニの店員です。もちろん異世界の店員です。三木聡監督の絶対的な世界観を楽しんでいます。撮影期間中は夢が叶ったようで、三角恋も奇妙でした。どんな映画になるのか、自分でも楽しみにしています」と話しています。p>

三木聡は、「謎は解けないからこそ謎だ。全部解けば謎ではない。エレクトリック・ソウルマンの名せりふだと思う。突然現れた謎の薬が謎の眩暈を引き起こし、謎の浮気男女。彼らの物語は成田凌や前田敦子などの俳優が心を込めて演じている。この映画はどうなるのか。今は監督としての私も判断できないので、ご自身で探してください」(布)



Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。